スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディ 「R8クーペ」一部改良

アウディR8の4.2リッターV8モデルの出力アップ!
さらに装備も充実。

 アウディ・ジャパンは10月26日、同社のフラグシップスポーツカー「アウディR8クーペ」を一部改良し、全国9カ所のR8取り扱い正規ディーラーを通じて発売した。
 今回の一部改良では、4.2リッターV8エンジンを搭載する「R8 4.2FSIクワトロ」の最高出力を420psから430psに向上させるとともに、クルーズコントロール、APS(アウディパーキングシステム)を標準装備とした。


また、5.2リッターV10エンジン搭載の「R8 5.2FSIクワトロ」ではLEDヘッドライトを標準装備。さらに、両モデルに共通の変更として、Googleマップ・ローカル検索対応のSDナビゲーションシステム、リヤビューカメラ、ETCシステムを標準装備し、装備充実を図った。
価格は、1649万円から2012万円。


いずれもあるとうれしい装備ばかり。
おそらくオプション扱いだったが、需要が高く標準装備となったのであろう。

(引用:livedoor HOMME
スポンサーサイト

カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。