FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならRX-8

先日シビックタイプRの生産終了が伝えられましたが、また国産スポーツの終わりが告げられた。

マツダ『RX-8』が、新しい排ガス規制「ユーロ5」に適応できないため欧州での販売を終了すると伝えられた。ただ、直噴技術により燃費を向上した次世代ロータリーエンジン「16X」が2010年代の初頭に導入される予定となっている。

「ユーロ5」に適合させようと思えば可能らしいが、RX-8の販売台数から考えるとコストが見合わないとか。

今後ロータリーはどうなっていくのか

次世代ロータリーエンジンの導入は、マツダが2007年3月に発表した技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」に含まれており、当時の代表取締役社長兼CEOの井巻久一氏は、ロータリーエンジン車発売40周年を迎えた07年5月に「ロータリーエンジンはマツダを象徴する存在である。今後も我々はロータリーエンジンの研究・開発を継続していく」と宣言していた。

なるほど、なくなるわけではなさそう。しかし、
RX-8は、現在ロータリーエンジンを搭載する唯一のクルマで、現行モデルは03年の発売から7年を経過している。次世代ロータリーエンジンの登場は10年代の初頭とのことなので、次期RX-8とともに登場してくることが想像できる。

ただし、マツダは最近、トヨタとハイブリッドシステムの技術ライセンス供与に合意、13年までにハイブリッド車の販売開始を目指すと発表。環境技術への取り組みが加速する方向性のなか、次世代ロータリー搭載車が市場に導入されるかは不透明な状況といえる。


これはちょっとどうなるか分かりませんね。
ロータリー技術がハイブリッド技術とつながるといいんですが。
そんなうまくはいかないですよね。

いずれにしても、国産の魅力あるスポーツカーが消え行くのはかなしい。
(引用:carview
スポンサーサイト

カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。