FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルセデスベンツE 350ブルーテック

メルセデスベンツEクラス、E350ブルーテックアバンギャルドが登場!
今回のエンジンはディーゼル。
しかし、そのスペックがすばらしい。
V6-3000ccでありながらターボチャージャーにより最高出力211ps、最大トルク55.1kgmを発生。
軽いゼロ発進を想像させる。

メルセデス・ベンツ日本は、『Eクラス』に最新クリーンディーゼルモデルの『E 350 BlueTEC(ブルーテック)アバンギャルド』を導入。販売を開始した。
 
 このクルマは、パワートレインに3リッターV6直噴ターボディーゼルを搭載。ピエゾインジェクターを用いたコモンレール・ダイレクト・インジェクションや、VNT(バリアブル・ノズル・タービン)ターボチャージャーなどの技術により、最高出力155kW(211PS)、最大トルク540Nm(55.1kgm)と、5リッター級のガソリンエンジンに匹敵する力強い動力性能を実現している。
 
 これに組み合わせるトランスミッションには、『7G-TRONIC』と呼ばれる電子制御7ATを採用。すぐれた静粛性や、2リッターガソリンエンジンなみの省燃費性能に貢献する。
パワー性能もさることながら、V6-3000ccのディーゼルにより燃費も◎。
10・15モード燃費はセダンで13.2km/L、ステーションワゴンでは13.4km/Lを実現。
ワゴンのほうがいいみたい。

また環境性能も優れており、最新の尿素SCR技術や粒子状物質除去フィルターなどにより、先代モデルにあたる『E 320 CDI』と比較して、排ガス中の窒素酸化物(NOx)を69%、粒子状物質(PM)を約21%低減。また燃焼効率の向上により二酸化炭素(CO2)排出量も約7.2%低減しており、10・15モード燃費はセダンで13.2km/L、ステーションワゴンで13.4km/Lを実現している。
 
 これにより、世界で最も厳しいとされる日本の『ポスト新長期規制』と、欧州排出ガス基準の『EURO6(2014年9月施行予定)』に適合。燃費も『平成17年度燃費基準+20%』および『平成27年度燃費基準』をクリアしており、輸入車としてはもちろん、AT車として日本で初めてクリーンディーゼルエコカー免税に認定され、自動車取得税および重量税が100%減免されることとなった。
 
 ラインナップはセダンとワゴンの2車種。とくにワゴンモデルの『E 350 BlueTEC ステーションワゴン アバンギャルド』は、世界に先駆けて日本市場に初導入される。
 
 ■価格
 E 350 BlueTEC アバンギャルド:798万円
 E 350 BlueTEC ステーションワゴン アバンギャルド:833万円

(引用:carview

さらに新車購入補助金にも適合し、セダンで約67万円の優遇措置を受けることができるそうです。
(引用:carview

ディーゼルエンジンの特性をあまり認知していないので何とも言えませんが、一度試乗してみたいところ。
7ATとの組み合わせによりかなり快適な走りなんでしょう。
特に高速巡航や地方道などで燃費効率が高いエンジンですから、ユーザーによって相当燃費が変わってくるのかも知れませんね。
(引用:carview
スポンサーサイト

カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。