スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスワース仕様インプレッサ

これはビッグニュースですよ!!!
スバルUK(スバルの英国法人)は2月11日、コスワースと共同開発した『インプレッサWRX STIコスワース仕様』を、3月に市販すると発表したとのことです。

そもそもコスワースとは↓
コスワース社は1958年、英国で創業した老舗エンジンメーカー。フォードとの関係が深く、フォード『エスコートコスワース』、『シエラコスワース』などの名車を生み出してきた。フォード以外では、DTM(ドイツツーリングカー選手権)で活躍したメルセデスベンツ『190Eエボリューション』のエンジンを手がけたのも、コスワースだ。

またF1においては、1963年からロータスなど多くのチームへエンジンを供給。2006年にいったんF1から撤退するが、2008年にFIA(国際自動車連盟)からエンジンサプライヤーに認定。2010年シーズンは、ウイリアムズやロータスなどにエンジンを供給している。


そうなんです名門ですよ。
190Eエボリューションを操った人の話を聞いたことがありますが、「とにかく高回転でパワーがでるエンジンでめちゃくちゃ気持ちよかった」とのこと。
それがインプレッサに・・・
そんなコスワースとスバルUKのコラボが実現し、インプレッサWRX STIのコスワース仕様を発売すると言うんだから、おもしろい。

現時点では、その内容は不明。『インプレッサWRX STI』の2.5リットル水平対向4気筒ターボは、英国仕様の場合、最大出力300ps、最大トルク41.5kgmを発生する。コスワース仕様が、このスペックを上回るのは確実だ。

スバルUKは、ティーザー写真を1枚公表。「STi」の下に配された「コスワース」のエンブレムが、ホットなポテンシャルを予感させる。「2社のハイパワーコラボレーションが、パフォーマンスカーの新基準を打ち立てる」というのが、スバルUKのコメントだ。

インプレッサWRX STIコスワース仕様は、3月2日に開幕するジュネーブモーターショーで初公開。3月に少量が発売される予定だ。エンジンチューニングで豊富なノウハウを持つコスワースが、インプレッサをどう仕上げてくるか、注目したい。


是非とも日本にも逆輸入されて欲しい。
元気のない日本スポーツカー市場にカツをいれてもらいたいところ。

とにかく気になるのがスペックですね。楽しみだ。
(引用:carview
スポンサーサイト

カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。