FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア製スーパーカー

その名は「MARUSSIA B2」
ロシアの危険な雰囲気が漂うスーパーカーです。

ロシアのMARUSSIA(マルシャ)社が、昨年9月のフランクフルトモーターショーで初公開したスーパーカーが『B2』。動画共有サイトでは、そのPR映像が公開されている。

MARUSSIA社は、ロシアの新興メーカー。2008年に『B1』を発表し、スーパーカー市場へ参入した。B1はコスワース製の3.5リットルV6(245ps)をミッドシップに搭載。地元ロシアだけでなく、欧州では10万ユーロ(約1270万円)で販売されている。

そんなMARUSSIA社のスーパーカー第2弾が、フランクフルトでデビューした『B2』。その開発には、ルマンやFIA GT選手権で活躍した元レーシングドライバー、ニコライ・フォメンコ氏が参画している。


「B1」は正直、スーパーカーではないような。スポーツカー??
しかし「B2」は違う!
B1がフェラーリなど洗練された欧州製スーパーカーの雰囲気を持っていたのに対して、B2はイメージを大きく変えた。釣り目状のヘッドランプに大きく口を開けたグリル、尖ったように突き出したリアのディフューザー…と、どことなく危険な香りの漂うスーパーカーに仕上がっている。

ミッドシップに搭載されるエンジンは、B1から譲り受けたコスワース製3.5リットルV6。しかし、その最大出力は245psから420psへ約70%もの出力向上を果たした。チューブラーフレームシャシーにコンポジットボディを載せる手法は、B1と同様だ。

MARUSSIA社は、F1のヴァージンレーシングの公式スポンサーにも名を連ね、スーパーカー市場に攻勢をかける構え。


すごいパワーアップ。これならスーパーカーとしてもうなずける。
実際の走りの性能を見たいところです。
(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト

カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。