スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度のMINIは4WD

MINIに新モデル登場!
その名もMINIカントリーマン
MINIのデザインはそのままに、全長が伸び4枚ドア、しかも4WDの設定もある。
一番使い勝手の良いMINIではないだろうか。

独BMWは20日、MINIブランドとしては4番目のモデルとなる新型クロスオーバー“MINIカントリーマン”を発表した。

 MINIカントリーマンは、クラシカルなイメージとモダンなスタイルを融合させた新世代のクロスオーバーとして登場。MINIブランドにとってはMINI、MINIコンバーチブル、MINIクラブマンに続く第4のボディバリエーションで、初の4ドアモデルとなる。

 エクステリアは、MINIの可愛らしいデザインテイストはそのままに、バンパー部分の厚みを増してタフなイメージを演出した。ボディ延長にともない6ライトとなったサイドウインドウや、丸型から多角形タイプとなったヘッドライトなどが主な特徴。さらにリアゲートの大型化に伴い、ナンバーの取り付け位置もリアバンパーへと移された。ホイールは16~19インチまで選択できる。


細かい部分はちがいはあるものの、ひと目見れば“MINI”とわかります。
インテリアは、オリジナルMINIの雰囲気が色濃く残された。アナログ式のセンターメーターは、円周部分のみに目盛りが刻まれ、中央部にはオーディオや携帯電話、車両情報といった各種操作&インフォメーション情報が映し出される。さらにセンタートンネル部にはレールが敷かれ、カップホルダーや小物入れなどが前後にスライド可能な点もユニークだ。リアシートはセパレートタイプの2人掛けが標準だが、無償オプションでベンチシートの3人掛け仕様も選べるとのこと。?

 全長は約4.1mで、MINIより400mm、クラブマンより165mm長い。3人掛けのリアシートでは40:20:40の分割可倒式。ラゲッジスペースは通常状態で350リットル、リアシートを倒すと1170リットルまで拡大できるという。


正直MINIではないかも。しかしおしゃれな使いやすい車になったのは事実。

 パワーユニットにはガソリン3種、ディーゼル2種をラインアップ。いずれも排気量は1.6リッターで、ガソリン仕様の高性能モデル“MINIクーパーS カントリーマン”では、ツインスクロールターボを搭載し、最高出力184ps、最大トルク24.5kg-mを発生。燃費は欧州複合モードで16.4km/L、CO2排出量は146g/kmの低い数値を実現した。その他のガソリンモデルは、MINIクーパー カントリーマンが122ps&16.3kg-m、MINI ONE カントリーマンは98ps&15.6kg-mで、いずれもNAユニットが搭載される。

 一方、MINIクーパーD カントリーマンとMINI ONE Dカントリーマンの2種類のディーゼルターボ搭載モデルも設定される。スペックは前者が112ps&27.5kg-m、後者は90ps&21.9kg-mで、90ps仕様は燃費値が23.3km/L、CO2排出量113g/kmの低エミッション性を誇る。トランスミッションは6速MTと6速ATが選択可能で、クーパーS カントリーマンと、クーパーD カントリーマンにはオプションで4WDも用意されている。


エンジンの選択肢も豊富。使い方や好みに合わせて選べるね。

オプションの4WDが実は気になる存在。
MINIクーパーにもいずれ採用されるのだろうか。
エンジンをパワーアップするとFFよりも有利ですからね。
(引用:carview
スポンサーサイト

カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。