FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロータス・エリーゼ限定モデル

ロータスエリーゼにたった36台の限定車!いったいどんな限定車だ。

LCIは、10月の東京モーターショーに出展した特別仕様車『ロータス・エリーゼ クラブレーサー』を、36台の限定で発売した。
 
 同車は2009年のフランクフルトモーターショーでデビューした『エリーゼ』のスペシャルエディションであり、ベース車にはない専用の内外装を特徴としている。
 
 ボディカラーはエリートイエロー、カーボングレー、スカイブルー、オールドイングリッシュホワイトと、いずれも『エリート』や『エラン』など60年代のロータス車を彷彿とさせるクラシカルな4色を採用。足回りには、アンスラサイト仕上げの6スポークアロイホイールを装着している。


最近こういうコンセプトが多いですよね。
往年のデザインをもう一度的な。
インテリアもこうした外観に合わせてコーディネートされており、シフトレバーとハンドブレーキには、ホイールと同じくアンスラサイト仕上げを採用。シートやセンタートンネルの一部もボディカラーと同じ色が用いられている。
 
 シートは安定感のあるエリーゼのものをベースに、最適なサポート力を得られるよう軽量マイクロファイバーのクッションパッドでカバーリング。ヘッドレストにはクラブレーサーのロゴ『CR』が手刺繍でほどこされている。またレザーリムのステアリングには320mmの小径タイプを採用。フロントホイールの直進ポジションを把握できるよう、センター位置にマーキングを施すことで、より安全かつ果敢なドライビングを楽しむことができる。
 
 ■価格:498万円
 


古くからのロータスファンにとってはうれしい限定車だろうね。
レプリカっぽくしようとしても、これだけの完成度は出せないですから。
(引用:carview
スポンサーサイト

カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。