FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VW、カルマンの工場を買収へ

なんとVWがカルマンを買収。VWに新しい血が入りさらに頼もしい車が登場するのか。

フォルクスワーゲングループは20日、経営破たんしたドイツのコーチビルダー、カルマン社の工場を買収する計画を明らかにした。カルマンの債権者との交渉がまとまれば、2011年から新プロジェクト車の生産に着手する。

カルマンと聞いて思いつくのが「カルマンギア」。

またカルマン社は1955年、『カルマンギア』を発表。イタリアのカロッツェリア、ギア社がデザイン、カルマンがボディ、フォルクスワーゲンがエンジン&シャシーを開発し、空冷水平対向エンジンとRRレイアウトは、『ビートル』から流用だった。

カルマンギアは、美しい2ドアクーペフォルムと手ごろな価格で人気を集め、1955-1973年までの19年間に、累計約50万台を生産。このカルマンギアのヒットのおかげもあり、1949年から現在までのカルマン社の累計生産台数は、約330万台に到達している。


こういう車をまた復活させて欲しいもんだ。
古くなっても乗りたい車、いまはなかなかないですよねえ。
今回フォルクスワーゲンは、経営破たんしたカルマン社のオスナブリュック工場を買収するプランを公表。債権者との交渉がまとまれば、2011年から本格生産をスタートさせ、2014年までに1000人以上の雇用創出を見込む。

また、カルマンで働いていた約200名のスペシャリストを再雇用。2010年から、フォルクスワーゲングループの新プロジェクト車の開発に従事してもらう方針だ。


これは今までにない発送のVW車が登場することに期待したい。

この新プロジェクト車の詳細は、現時点では不明。しかし関係者によると、フォルクスワーゲンが今年1月のデトロイトモーターショーに出品した『コンセプトブルースポーツ』の市販バージョンである可能性が高いという。

コンセプトブルースポーツは、2.0リットル直4ターボディーゼル「TDI」(180ps、35.7kgm)をミッドシップにレイアウト。6速DSGと1200kgを切る軽い重量の効果で、0-100km/h加速6.6秒、最高速226km/hの性能を発揮する。それでいて、欧州複合モード燃費23.3km/リットルという「エコロードスター」だ。


ディーゼルか・・・

このコンセプトブルースポーツには、同じグループ会社のポルシェ版とアウディ版も存在するとの噂。ポルシェバージョンは、名車『356』の再来になると見られる。

オープンモデルや少量生産車の開発に関して、豊富なノウハウを持つカルマン社。フォルクスワーゲンがカルマンの持ち味を生かした新プロジェクトを目指しているのは、間違いないようだ。


第2のカルマンギアが出来上がることに期待しましょう。
(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト

カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。