スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注目のプジョー RCZ 受注開始

プジョーは、フランス本国にて新型『RCZ』の受注をスタートした!
ガソリンとディーゼルで、価格は2万7400ユーロ(約363万円)から。
はっきりいってかっこよすぎ。

RCZは9月のフランクフルトモーターショーで初公開。小型のプレミアム2+2スポーツクーペで、外観は「ダブルバブル」と呼ばれる、なだらかな弧を描くルーフが特徴だ。両側のルーフアーチはアルミ製で、ブラックルーフと相まって、高いアイキャッチ効果をもたらしている。

ボディサイズは全長4287×全幅1845×全高1360mm、ホイールベース2612mm。『308』の5ドアハッチバックと比較すると、11mm長く、30mmワイドで、138mm低い。ホイールベースは4mm長い。

シャシーは、308などと共通の「プラットフォーム2」をベースに、ロールセンターを40mm引き下げ、トレッドは前54mm、後ろ72mm拡大。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビーム。ブレーキローター径は前302mm、後ろ290mmの大径タイプだ。タイヤサイズは18インチと19インチ。ESP、DSC、ヒルアシストなどが標準装備される。


日本車にはないタイプのシャシー。2+2というところが素敵。
これは人気がでますよきっと。日本には入ってくるのかなあ。
内装は308シリーズをベースとしながら、各部の素材を変更し、クオリティをアップ。ヘッドレスト一体の専用レザースポーツシート、メタルリング加工を施したダイヤルなどが、上質な空間を演出する。トランク容量は384リットル(VDA計測法)を確保。フロア下にはサブトランクが設けられる。

フランス仕様はガソリン1、ディーゼル1の2グレード構成。トランスミッションは6速MTだ。排出ガス性能は、ともにユーロ5に適合する。

ガソリンエンジンは、直噴1.6リットル直4ターボの「THP」。最大出力156ps/5800rpm、最大トルク24.5kgm/1400rpmを発生する。欧州複合モード燃費は14.5km/リットル、CO2排出量は159g/kmだ。

ディーゼルは直噴2.0リットル直4ターボの「HDi」。最大出力は163ps/3750rpm、最大トルクは34.7kgm/2000rpm。欧州複合モード燃費18.5km/リットル、CO2排出量139g/kmと、パワーと環境性能を高次元で両立している。

価格はガソリンが2万7400ユーロ(約363万円)から、ディーゼルが2万9900ユーロ(約396万円)から。ボディカラーは7色、内装はクロス、レザー、ナッパレザーの3種類が選択できる。納車開始は2010年春の予定だ。


ディーゼルのほうがパワーが・・・
どっちが速いのだろうか、やはりパワーのある方??
でも楽しいのはガソリンか・・・

これは試乗しないと良し悪しがわかりませんねえ。
とにかくデザインはめちゃかっこええ。
(引用:carview
スポンサーサイト

カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。