FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初代VW ゴルフを新車でいかが

伝説といっても良いほどのあの初代ゴルフがまだ新車で売っていたとは。
日本では6代目ゴルフが走っておりますが、初代の味わいあるデザインにはかなわない。

フォルクスワーゲンオブ南アフリカは11日、『シティ』(初代『ゴルフ』)の生産を終了すると発表した。デビューから35年が経過した初代ゴルフは、最終限定車1000台でフィナーレを迎える。

フォルクスワーゲンは1974年、初代ゴルフを発表。1978年には、南アフリカのユイテンハーグ工場で初代ゴルフの現地生産を開始し、南アフリカ市場へ投入した。

1984年、現地では2代目ゴルフが発売されるが、初代よりもボディは大きくなり価格も上昇。そこでエントリーモデルの役割を持たせる目的で、初代ゴルフを継続販売することになった。現地とは2代目と区別するため、シティのネーミングが与えられた。


日本で買えるのかなあ。
これは欲しい人一杯いるはず。正直気になる。
以来、シティは改良を受けながら25年間に渡り、ユイテンハーグ工場で生産。シティの累計生産台数は37万7484台で、ゴルフ時代も含めると51万7834台に達する。ユイテンハーグ工場は現在、世界で唯一、初代ゴルフを生産している拠点だ。

シティは間もなく生産を終了するが、その最終限定車として『シティMk1』を1000台生産。1.6リットル直4エンジン(105ps)搭載車をベースに、数々の特別装備を採用した。


中身は最新の技術が・・・
理想的だ・・・

外観は4灯式ヘッドライト、15インチのガンメタリックアルミホイール、ダークテール、ポリッシュ仕上げのエグゾーストパイプを装着。グリルにはクロームの縁取り、ボディサイドには専用ストライプを添えた。ボディカラーは、ブラックとシャドウブルーの2色だ。

室内は部分レザーのスポーツシート、レザーステアリングホイール、ゴルフボール状のシフトレバーを採用。シートやシフトレバーブーツは赤いステッチ入りだ。限定車を示すシリアルナンバープレートも装備される。


レザーシートなんてすばらしい。

最終限定車は1000台生産されるが、そのうち1台はドイツのVWグループ博物館「アウトスタッド」に収蔵。もう1台は南アフリカの「オートパビリオン」に永久保存される。さらに22日まで、南アフリカ国内各地を巡る「さよならツアー」を行うほか、2台がチャリティオークションに出品されるなど、現地は偉大な名車の生産終了を惜しむイベントが目白押しだ。

シティMk1の現地価格は、11万3500ランド(約140万円)。3年/12万kmの保証を付けて、南アフリカだけでなく、一部海外市場でも販売される。初代ゴルフといえば、小型FF車のパイオニア的存在。今見ても、そのスタイルは完成されている。最終限定車は右ハンドルということもあり、日本でも「コレクターズアイテムにしたい」というファンは少なくないと思われる。


右ハンドル。これはすばらしい。日本でも売れること間違いなしだよ。
(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト

カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。