FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シトロエン、新型ミニバンの名前は“ピカソ”

国産のミニバンに飽きた人は是非。なかなかのスタイルです。

シトロエン・ジャポンは、新型コンパクトMPVとして“C4ピカソ”を導入、シトロエン正規ディーラーを通じ、6月21日から発売を開始する。

 C4ピカソは、ビジョスペース(VISIOSPACE)をコンセプトとして、ほかに例のない広大なガラスエリアと、クラス最大級で多彩なアレンジメントが可能な室内空間を特徴とした7人乗りのコンパクトMPV(マルチパーパスビークル)。2006年のパリモーターショーでデビューし、その個性的なスタイリング、高いドライビング性能、独自の快適装備、卓越した乗り心地が特徴で、すでに販売されている欧州でも高評を得ている。


オシャレな感じたっぷり。
日本市場で販売されるモデルには、143馬力を発揮する2リッター16バルブ・ガソリンエンジンを搭載。新型6速エレクトロニック・ギヤボックス・システム(6EGS)と従来型の4速ATが用意され、6EGSではマニュアルモード、ATモードを選択、パドルシフトでのシフトチェンジが可能となっている。また、室内はクラス最大級のインテリアスペース&ラゲッジスペースを確保し、さらに操作が簡単な独自のシートアレンジメント機構に加え、リヤにはエアサスペンションを装備。どこに乗っていても快適な乗り心地を堪能することができる。安全装備においても万全で、ユーロNCAP総合5つ星を獲得。フロント/サイドに加え運転席のニーエアバッグまで、7エアバッグを標準装備している。

 なお、グレードは2.0エクスクルーシブ(6EGS/4AT)345万円のみで、15万円でパノラミックガラスルーフなどを含むグラスパッケージをオプション設定。ボディカラーは、新色のビュルラ(ダークワインレッド)、イカール(紫紺メタリック)、ノチオラ(ディープゴールドメタリック)を加え、全7色を用意する。


リアがエアサス。これはいい。
買うなら6EGSですよねえ。
(引用:carview
スポンサーサイト

カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。