FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならシビック タイプR

FF史上最強のマシンとも言えるシビックタイプRが生産終了です。
NAエンジンの楽しさを教えてくれるホンダスペシャルチューンドエンジンを身近に楽しむことが出来るのはシビックタイプRだけ。今後どうなっていくのでしょうか。ECOにいっちゃうのかな。

ホンダは19日、スポーツモデル『シビック タイプR』で、4ドアモデルの生産を2010年8月末をもって終了すると発表した。3ドアモデルの『シビック タイプR ユーロ』は、2010年モデルを台数限定で今秋発売する。

シビックタイプRは、ベース車の運動性能を際立たせ、走る楽しさを徹底追求したスポーツモデル。

3代目シビックタイプRでは、当初、鈴鹿製作所で生産する4ドアモデルのみの設定であったが、英国生産の3ドアモデル「シビックタイプRユーロ」を、09年11月に2010台の台数限定で発売した。


シビックタイプRはひとつのブランドとして長く維持してもらいたいものです。
一つの時代を築いたインテグラタイプRもなくなりましたし・・・
(引用:carview
スポンサーサイト

ホンダ CR-Zの秘密

ホンダCR-Zといえば、インサイトと並ぶホンダのハイブリッドカー。
当然、インサイトの縮小スポーツバージョン、つまりインサイトがベースと思いがちだが、実はかなりたくさんの部品が専用部品とのことだ。

エンジンもフィットの1.5Lだから、ほとんどを流用部品でコストを抑えたものであるとの認識でした。

ホンダ『CR-Z』は、『インサイト』をベースにしたハイブリッドのスポーツカー。こういう見方は正しいとも言えるが、実際にはインサイトとはまったく別モノのクルマと言ってもいい。

というのもインサイトからの部品流用は2割(より正確には22%とか)に過ぎないのだ。その主なものはハイブリッドシステムを始めとするパワートレインや操舵システムなど。ホンダの他車からの流用でさらに2割、つまり残りの6割は専用部品を新たに開発したのである。エンジンも『フィット』がベースとは言っても、ヘッド部分は新たに作り直し。

[ホンダ CR-Zの秘密]の続きを読む

無限仕様のシビックタイプR

英国でシビックタイプRユーロに無限仕様の限定車が出た。
200台の限定発売。

また、欧州ではシビックタイプRに無限仕様の限定車が出た。
こちらはなんとたったの20台限定車。

英国ホンダは15日、『シビックタイプR』(日本名:『シビックタイプRユーロ』)に、「MUGEN200」を設定した。無限製パーツを装着し、タイプRのスポーツ性を引き上げた限定車だ。

欧州ホンダは2009年10月、シビックタイプRをベースにして無限が手がけたコンプリートカー、『シビックタイプR無限』を、20台限定発売すると発表。このコンプリートカーのテイストが、MUGEN200に盛り込まれた。


[無限仕様のシビックタイプR ]の続きを読む

ホンダCR‐Z

CR-Zの心臓は、1500cc+モーター。
ミッションは、6MTとCVTが選べる。

CR-Zのパワートレインは、『フィット』用の1.5リットル直4「i-VTEC」に、ホンダ独自のIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を組み合わせたもの。モーターは最大出力14ps、最大トルク8kgmを発生し、エンジンはCVT用が113ps、14.7kgm、6速MT用が114ps、14.8kgmのスペックである。

ホンダ初の3モードドライブシステムは、スポーツ、ノーマル、ECONの3モードが選択可能。スポーツモードではスロットルレスポンスや電動パワーステアリングが、シャープな設定となる。トランスミッションは、6速MTとパドルシフト付きCVT。CVT車の10・15モード燃費は、25km/リットルだ。


トータル馬力(6MT)は、128ps。トルクは22.8kgm。
ビックリするような数値ではないですね。

[ホンダCR‐Z]の続きを読む

ホンダ CR-Zの気になる価格と燃費

2月に発売予定のホンダCR-Zの価格と燃費が明らかに。
2モデルあり、ミッションはCVTと6MTが選べる。

2月に発売が予定されているホンダの新型ハイブリッドクーペ、『CR-Z』の価格が判明した。「α」(アルファ)と「β」(ベータ)の2グレードが設定され、αが249万8000円、βが226万8000円。

発表・発売は2月25日だがディーラーへの割り当てが少なく、いま注文すると納車は4月上旬になってしまう。早くしないとゴールデンウィークに乗れない。またエコカー補助金(廃車)の適用は3月末までなので、遅くなると車無しの期間が延びる。

トランスミッションはCVTと6MTが設定され、価格は同じ。またハイブリッドと6MTとの組み合わせは世界初だ。

燃費は、10・15モードでCVT仕様が25.0km/リットル、6MT仕様が22.5km/リットル。JC08モードでCVT:22.8km/リットル、6MT:20.6km/リットル。どちらの計測モードでもCVTの方が優れているが、これには「ECONモード」が貢献しているようだ。


CVTと6MTが同価格!珍しい。
気になる走りはどうでしょうか。

[ホンダ CR-Zの気になる価格と燃費]の続きを読む


カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。