スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディRS3スポーツバック

アウディA3シリーズに、本格スポーツモデル「RS3スポーツバック」が登場!

今回発表されたRS3スポーツバックは2世代目にあたるモデルで、日本導入は初めてとなる。

RS3スポーツバックが搭載するエンジンは、2.5リッター直列5気筒直噴ターボ。
最高出力367ps、最大トルク465Nmのアウトプットを7速Sトロニックを介して4輪へと伝える。
0-100km/h加速は4.3秒とスーパーカー並みだ。

エクステリアにはRSモデル専用設計のハニカムパターンを配したグリルや膨らみを増したフェンダー、リアディフューザー、専用デザインの19インチホイールなどが採用される。

スペックを見る限りだと、ゴルフRやインプレッサよりも上だ。
5気筒エンジンというのもサウンド面で楽しめそう♪

[アウディRS3スポーツバック]の続きを読む

スポンサーサイト

アウディ S3スポーツバック -足は?

S3新スポーツバックは、どこが強化されたのかな。

アウディジャパンが2日に発売した『S3スポーツバック』。そのフットワークは、標準モデルの『A3スポーツバック』とはひと味違う走りを見せてくれる。

S3スポーツバックには、ダンパーやスプリングなどに専用チューニングが施されたスポーツサスペンションが標準装備されており、タイヤサイズもA3スポーツバック「2.0TFSI」よりも1インチ大きな18インチタイヤが装着されている。クワトロシステムもアウディS3スポーツバック専用に最適化されており、大トルクを受け止めるべく強化されている。

アウディジャパン商品企画部長の青木徹さんは「アウディS3スポーツバックは高いパフォーマンスを得るためにスポーツサスペンションや大径タイヤを装着しています」


なるほど足回りがかなり強化されているようだ。さらに

[アウディ S3スポーツバック -足は?]の続きを読む

アウディ S3スポーツバック エンジンは?

エンジンも気合の入ったS3。

アウディジャパンが2日発売した『S3スポーツバック』。これからは特別なスポーツモデルであっても、ハイパフォーマンスと環境性能の両立を追求し達成していないと、優れた商品といえない時代になってきているようだ。

S3スポーツバックに搭載されるパワートレインは、『A3スポーツバック』の最上級グレード「2.0TFSIクワトロ」に採用されている「2リットル直4ターボ+6速Sトロニック」の組み合わせがベースとなっているが、S3用に強化されたエンジンブロックやシリンダーヘッド、ピストン、ターボなどが採用されている。

アウディジャパン商品企画部長の青木徹さんは「S3スポーツバックは2リットルターボでありながらも256PS/33.7kg-mという高出力を発揮します。これは以前設定されていたA3スポーツバックの3.2リットルモデルを上回るもので、競合車と想定されるBMW『130i』を超える最大トルクを発揮しています」


十分なパフォーマンスをみせること間違いなし。

[アウディ S3スポーツバック エンジンは?]の続きを読む

アウディ A3 特別限定車

またまたチャンスです。
A3限定車!

アウディジャパンは、アウディのプレミアムコンパクトクラスの『A3スポーツバック1.8TFSIリミテッド2』を450台限定で販売すると発表した。

特別限定車は、ターボ付ガソリン直噴エンジンを採用した「A3スポーツバック1.8TFSI」に人気のオプションを特別装備したモデルで、昨年11月に販売した第1弾が好評だったため、装備を充実させた第2弾として導入する。


見逃せないモデル。

[アウディ A3 特別限定車]の続きを読む

アウディA3に豪華な特別仕様車

ゴージャスなA3が出ました~

アウディジャパンが、アウディA3に特別仕様車“A3スポーツバック アトラクション リミテッド3”を設定し、2月14日に発売を開始した。

 A3スポーツバック アトラクション リミテッド3は、エントリーモデルのアトラクション(1.6リッター、6速AT)をベースに、通常は設定のない電動シート(ランバーサポート付き)、本革内装など豪華な装備をプラスしたモデル。


アウディの6速ATはいいですよ。
クロスなので、非力と思われる1.6リッターのエンジンのパワーをうまく引き出します。
ヨーロッパならではの高回転を使った軽快な走りを堪能できます。
もちろん、ゆっくり走れば2000rpm位でシフトアップしていくので、燃費もいいです。

[アウディA3に豪華な特別仕様車]の続きを読む


カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。