FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW135iに新エンジン

BMW135iに新エンジン搭載。
ツインターボからシングルターボに。

独BMWは、135iクーペと135iカブリオレに、より効率をアップさせた新しいパワーユニットを採用し、ヨーロッパで発表した。

 135iシリーズに搭載されるのは、3リッター直列6気筒ツインターボ。高精度のダイレクト イグニッション システムと2基の小型ターボチャージャーを組み合わせた新世代ユニットだが、今回新たにこのエンジンに“バルブトロニック”が組み合わされ、同時にターボチャージャーにツインスクロール式(シングルターボ)に改められた。


シングルターボ化で乗り味は変わったのだろうか。

[BMW135iに新エンジン]の続きを読む

スポンサーサイト

BMW1シリーズにカブリオレ

これからの季節、オープン大歓迎!

ビー・エム・ダブリュー株式会社(本社:東京都千代田区)が、ニューBMW 1シリーズ カブリオレを発表、発売開始した。
これにより1シリーズのボディラインナップは 欧州スタイルの色濃い5ドアとクーペ(本年2月発表)とこのカブリオレの3構成になる。
ニューBMW 1シリーズ カブリオレは全国のBMW正規ディーラーにて販売する。

手頃な大きさで日本国内の道路事情にも使い勝手の良いサイズの同1シリーズは、BMWのエントリーモデルと言えるクラス。
近年のBMWらしいスタイルデザインで、そのコンパクトさと相まって奥様方を中心としたユーザーの受けも良いようだ。


1シリーズは良く見かけますねえ。

[BMW1シリーズにカブリオレ]の続きを読む

BMW 1シリーズクーペ

ストイキターボエンジン を搭載。パワーは申し分ない。

BMWのコンパクトモデル『1シリーズ』に追加されたクーペ「135i クーペMスポーツ」(2月26日発表・発売)のエンジンは、3リットル直6ガソリン直噴パラレル・ツインターボ。

公称スペックは兄貴分の『335iクーペMスポーツ』と同数値で、最高出力306ps/5800rpm、最大トルク40.8kgm/1300 - 5000rpm。

このエンジンは今日、ヨーロッパで流行している「ストイキターボエンジン」と呼ばれるもの。


流行?なんだろう?

[BMW 1シリーズクーペ]の続きを読む

BMW、新型1シリーズ・カブリオレ

まさかの1シリーズのカブリオレ。

BMW AGは、新型1シリーズ・カブリオレを発表した。

 欧州ではディーゼル仕様とガソリン仕様の計5種のエンジンを用意。ラインナップは、ツイン・ターボチャージャー付き3000ccV6直噴ガソリンエンジン(306馬力)を筆頭に、6気筒直噴ガソリンエンジン(218馬力)、4気筒直噴ガソリンエンジン(170馬力および143馬力)、4気筒ディーゼルエンジン(177馬力)となっている。

あのボディで、306馬力は尋常じゃなさそう。

[BMW、新型1シリーズ・カブリオレ]の続きを読む

あのM3が復活か!?

BMW 1シリーズのクーペが見参!

独BMW AGが、1シリーズの派生モデルとして、2ドアクーペを新たに設定した。ヨーロッパでは年内にも販売が開始されるという。

前々より噂されていたBMW1シリーズの派生モデルがついにその姿を見せた。5ドア、3ドアハッチに続く、第三のボディバリエーションはクーペ。それも立派なトランクデッキを備えた本格的なクーペスタイルで、そのイメージ、存在感は1シリーズより3シリーズに近い!? そんな印象さえ与える堂々たるたたずまいだ。

1シリーズを名乗るため、フロントマスクのデザインは既存のハッチバックモデルと共通だが、切れ味の良いプレスラインが通るサイドやリア周りにはオリジナルデザインが与えられている。また、ウインドウグラフィックやディテールのデザインは、歴代クーペモデルからその特徴を受け継いでいるように見える。


こういうのを皆待っていたんでは!!

[あのM3が復活か!?]の続きを読む


カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。