FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならRX-8

先日シビックタイプRの生産終了が伝えられましたが、また国産スポーツの終わりが告げられた。

マツダ『RX-8』が、新しい排ガス規制「ユーロ5」に適応できないため欧州での販売を終了すると伝えられた。ただ、直噴技術により燃費を向上した次世代ロータリーエンジン「16X」が2010年代の初頭に導入される予定となっている。

「ユーロ5」に適合させようと思えば可能らしいが、RX-8の販売台数から考えるとコストが見合わないとか。

今後ロータリーはどうなっていくのか

次世代ロータリーエンジンの導入は、マツダが2007年3月に発表した技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」に含まれており、当時の代表取締役社長兼CEOの井巻久一氏は、ロータリーエンジン車発売40周年を迎えた07年5月に「ロータリーエンジンはマツダを象徴する存在である。今後も我々はロータリーエンジンの研究・開発を継続していく」と宣言していた。

なるほど、なくなるわけではなさそう。しかし、

[さよならRX-8]の続きを読む

スポンサーサイト

新型ミニバン「ビアンテ」を発表

新ミニバンの登場です。

マツダは、2008年に発売を予定している8人乗りミニバンの車名を「ビアンテ」にすることを発表。そのデザインを公開した。

 車名である「ビアンテ(BIANTE)」は、〝周囲を取り巻く〟や〝環境〟といった意味の英語「Ambient(アンビエント)」から発想した造語。「乗る人みんなの生活環境の一部となり、楽しく快適な暮らしづくりに貢献する」という想いを込めた。

 なお、イメージキャラクターとしてタレントの劇団ひとりさんとオリジナルキャラクターの最広(サイコー)ファミリーを起用。7人と1匹で室内空間の広さや躍動感のあるスタイリングなどをアピールする。


MPVとはどう差別化を図るのでしょうか。
(引用:carview

マツダアクセラが一部改良&特別仕様車

アクセラって、意外といい走りするんですよね。

マツダは、アクセラシリーズを一部改良するとともに、アクセラスポーツの特別仕様車を設定し、マツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じ、1月22日から発売を開始した。

 今回の一部改良では、リヤバンパーのブラックアウト部分の拡大や、クロームメッキタイプのアウタードアハンドルの採用などにより外観をリフレッシュ。インテリアでもセンターパネルやパワーウインドウスイッチベゼル等をピアノブラック調デザインにするとともに、一部レバーやボタンにメッキ処理を施すなど、質感を向上させている。さらに、遮音材の適用を拡大し、より静粛性を改善、快適性も高められた。

 また、内装の質感&快適性を向上させたアクセラ“20E”を新たに機種設定し、アルカンターラと本革を組合せたサンドベージュ色の専用シート、本革巻ステアリング&シフトノブ、ブラックアウトメーターなどスポーティで質感の高いアイテムが標準装備とされた。


エクステリアはいい感じに仕上がってます。

[マツダアクセラが一部改良&特別仕様車]の続きを読む

マツダ、MPVをマイチェン

MPVは現行モデルになってから、屋根が低くなり横幅が大きくなったように見えるので、迫力があります。

マツダは、MPVをマイナーチェンジして1月15日に発売した。

 今回のマイナーチェンジでは、フロントの上下グリルやバンパーのデザインを変更するとともに、クロームメッキパーツを各部に採用し精悍さと高級感を高めた。リヤコンビランプと18インチアルミホイールのデザインも一新した。

 インテリアでは、加飾パネルのデザインを変更したほかクロームメッキパーツを使用することで質感を向上。このほか、2列目のスーパリラックスシートのスライド量を延長(後方に80mm)、nanoeイオンを発生する空気清浄システムの採用(業界初)など快適性も高めた。


スライド量って地味だけど、快適さが全然違う。

[マツダ、MPVをマイチェン]の続きを読む

マツダ デミオ、発売1か月の受注が目標の3倍

スタイルがいいよね。ちょっとプジョーを思わせる感があるが。

マツダは、7月5日に発売した新型『マツダデミオ』の累計受注台数が、発売後1カ月間で、月販目標の3倍となる1万5000台に達したと発表した。

新型デミオはスタイリッシュな外観に加えて、クラストップレベルの燃費性能や経済性などが高く評価され、好調なスタートとなった。


燃費のよさは、この時代にピッタリマッチ!

[マツダ デミオ、発売1か月の受注が目標の3倍]の続きを読む


カテゴリー

最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。